相模原市南区西大沼 古淵駅近くの皮膚科
〒252-0332 神奈川県相模原市南区西大沼4-8-29
             TEL: 042-743-2525

古淵駅近くの皮膚科

順番予約・確認サービス

順番予約
ドクターズ・ファイル
waki-ase.jp

アクセス

お気軽にご相談ください。

●どんな治療法があるの?
●治療にかかる期間は?

疑問に思う事など、何でもお聞きください。ご相談だけでも問題ありません。

病気と治療

アトピー性皮膚炎  Atopic dermatitis

アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰り繰り返し、痒みを伴う慢性的な湿疹を主体とする病気です。多くの方は気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎などの家族歴や既往歴があります。
原因は、①皮膚のバリア機能の異常 ②生活環境の変化が挙げられます。バリア機能の異常とは、アトピー性皮膚炎の患者さんの一部の方に生まれつきフィラグリンという皮膚のバリアを作る物質に異常のある人がいることがわかってきました。
また、環境の変化として食生活、大気汚染、予防医学など環境的な要因も関与していると考えられます。
衛生環境の改善により寄生虫の罹患率が下がると同時にアトピー性皮膚炎の患者が増えているのも事実であります。

治療は、薬物療法、生活指導(スキンケア、原因・悪化因子の除去)となります。薬物療法は、保湿剤を中心にステロイド外用剤またはタクロリムス軟膏を用います。
症状に応じて、抗アレルギー剤、免疫抑制剤の内服や紫外線療法の併用を行います。
生活指導は、皮膚の乾燥を防ぎ、入浴やシャワーで汚れを取り、悪化因子の検索や除去を行うよう努めます。

希望により採血などでアレルギー物資の原因を調べます。

多汗症  Hyperhidrosis

汗をかくことにより、体温の調節、皮膚の保湿を行っています。
しかし、頭部、顔面、手掌、足底、腋窩に温熱や精神的負荷の有無いかんに関わらず、日常生活に支障をきたす程の大量の発汗を生じる状態を原発性局所多汗症と定義されています。

当院では、塩化アルミニウム外用液、イオントフォレーゼ、内服による多汗症の治療を行っています。

①塩化アルミニウム外用液

汗を出す腺(汗腺)の細胞に作用し、この管を閉塞させることで発汗が減少するといわれています。
ただし、この効果は一過性であるため、効果を持続させるには継続的な治療が必要になります。
有効だったとする報告がありますが、全ての患者さんに効果を保証できるものではありません。
塗り方は、就寝前に、脇や手のひらに塗ります。
翌朝、水で洗い流します。
効果が出るまで毎日繰り返し、効果が出れば週1~2回の塗布を続けます。それでも効果が乏しい場合は、就寝前にコットンなどにひたし、手のひらに置いてビニール手袋やラップで10分程度湿布し、翌朝水で洗い流します。
塩化アルミ外用液でかぶれる方もおりますので注意が必要です。
塩化アルミニウム外用液は、健康保険は適応されず実費で頂きます。(塩化アルミニウム溶液は院内で調合しています。)

②イオントフォレーゼ

汗の多い手のひらや足のうらを水道水の入った容器の中に浸し、7~10mAの直流電流を流す方法です。
作用機序としては、通電することにより生じる水素イオンが汗の出口を障害して汗を出にくくするといわれております。
手の場合は、容器に電極の上にタオルと水道水が入った左右別々の容器に手のひらを入れて10分程度通電させます。数回行うと汗の量が減ってきます。
治療効果を維持するためにはその後も1週間に1~2回行ったほうが良いでしょう。

イオントフォレーシスIP-30 PLUS

③内服

抗コリン薬(商品名プロ・バンサイン)は、アセチルコリンという物質の動きを抑制し「汗をかく」という指令を止めることができます。これにより一時的に汗が出るのを抑えられますが、副作用として「のどの渇き」などがあります。
自律神経系に作用するベンゾジアゼピン系(商品名グランダキシン)も有効との報告もありますが、皮膚科学会の多汗症ガイドラインでは、内服の評価は低く頭部・顔面の多汗症に推奨されています。

上記①から③を組み合わせて治療を行っています。

いぼ(尋常性疣贅)Verruca vulgaris

疣贅とはイボ、尋常性とは通常という意味で、普通のイボのことです。
ヒト乳頭腫ウイルス(human papilloma virus)がヒフの小さな傷に感染して出来ると考えられています。
小学生になると、靴に入った砂などによって目に見えないキズが出来、そこから感染するためお子さんに多くなると考えられます。
治療は、未だ特効薬がありませんが、液体窒素を用いた冷凍凝固療法が基本です。
1回の治療で治すことは難しく、1週から2週の間隔で繰り返して治療を行い、3ヶ月~6ヶ月程度かかります。
その他、硝酸銀の外用療法、ヨクイニン(漢方)内服療法なども行うことがあります。
また、イボ地蔵にお参りするだけで治ってしまうこともあり、「これで治る!」と信じることで、ウイルスに対する免疫力が上がるためと考えられています。
イボは治りにくく再発することも多い病気ですが、必ず治ることを信じて焦らず、根気よく治療して下さい。

水いぼ(伝染性軟属腫)Molluscum conta giosum

水いぼ

水イボの拡大像

以前はプールの水でうつるから水いぼと言われていましたが、現在ではプールでうつるとは考えられていませんが、タオル、浮輪、 ビート板などを介してうつると考えられています。
表面がツルツルして、みずみずしい光沢のある直径5mmくらいまでの小さな皮膚の盛り上がりで、てっぺんが少し凹んでいるのが特徴です。
伝染性軟属腫ウイルスが原因で、毛に感染すると考えられているため毛が生えるところに出来ます。
治療は専門家の間でも意見の別れるところです。
①先の小さなピンセットなどでミズイボをつまんでとる。
②イボと同じに冷凍凝固療法を行う。
③ヨクイニン(ハトムギ茶の成分)の内服する。
④自然に治ることもあることから、放っておく。といろいろあります。

私自身も状況に応じて柔軟に治療方針を決定するようにしますが、様子を見ているうちに、数が増えて結局ミズいぼ取りをすることになったケースもあり、個人的な意見としてはなるべく数が少ないうちに治療した方が良いと考えています。
当院では、出来る限り痛み止めのテープを使っての治療を行っています。

水虫(足白癬)Tinea pedis

水虫の語源は、水田で作業するお百姓さん発症することがが多く、水の中にいる虫に刺されたんだろうと推測され、それで「水虫」という説が通説のようです。
皮膚糸状菌(白癬菌)というカビに侵されるので、正式には白癬症といいます。
皮膚科専門医でも、診察しただけでは白癬症と診断することは出来ません。
足の趾の間や足底の皮フを顕微鏡で調べ、白癬菌の有無を確かめます。ただし、市販または医療機関から処方の水虫治療薬(抗真菌薬)を1週間以上外用した場合には調べても検出出来ないかもしれません。
最低1週間、水虫治療薬を塗らないで来院をして下さい。
ただし、水虫薬などによりかぶれが生じた場合は早めに受診して下さい。

白癬菌を確認できた場合に抗真菌薬を外用して頂きます。じくじくの場合には、先にじくじくを治療してから、抗真菌薬を使用します。

顕微鏡でみた白癬菌

外用治療のポイント

1.お薬は症状があるところより広めに塗りましょう。

水虫菌は症状がなくてもいます。
両足の裏を中心に広くすき間なく塗るのが理想的です。
足の趾の間・背面、爪のまわり、足の側面、アキレス腱の周囲なども忘れずに塗りましょう。

2.良くなってもしばらく塗りましょう。

角質内の紫色のゴミの様なものが白癬です。
角質全体に存在しているため、薬を塗っていると見た目は良くなりますが、まだ角層の下に白癬が残っています。
きれいになってからも、角質がすべて入れ替わる1~2カ月はお薬を塗り続けましよう。

足白癬の病理写真です。(弱拡大)

足白癬の病理写真です。(表皮の白癬)

3.ぬるタイミングと量について

通常は1日1回であればいつでもかまいませんが、入浴後に塗ることをお勧めします。
塗る量は、ご本人の人差し指さしの第1関節までクスリを出して片足分(0.5g程度)とお考え下さい。
両足に塗ったら、チューブ1本で10日分程度とお考え下さい。
塗った後は滑るとあぶないので、30分程度靴下をはいて下さい。

4.かぶれ

お薬を使っていて赤くなる、かゆくなるなど何か変だと感じた時は使用を中止して早めに受診をして下さい。

爪水虫(爪白癬)Tinea unguium

爪白癬と診断された時は、治療として内服か外用かを選ぶ必要があります。
白癬菌に犯されたの爪が良くなるのでなく、新しい爪に生え換わって治っていくので、内服外用ともに時間がかかります。

①内服の場合:有効率は約70%程度です。しかし、6ヶ月と長期に内服を行うため肝機能障害などの副作用の可能性が約5%あり、定期的な血液検査を行う必要性があります。

②外用の場合:ここ数年で濃度を高めた新しい外用剤が出てきましたが、内服と比べ副作用は少ないですが、有効率は約30%程度とされています。

外用前

外用3か月後

にきび(尋常性ざ瘡)Acne

思春期になると男女とも男性ホルモンの分泌が活発になり、その影響を受けて皮脂の分泌が盛んになり、毛穴が詰まる(白ニキビ)ことが根本的な原因です。これに加えてニキビ菌(ざ瘡桿菌)などが感染すると化膿します(赤ニキビ)。

にきびの出来方

①出来始め:角質が毛穴の出口つまって、皮脂のムーズな排出が妨げられる。
②面皰(めんぽう):毛穴の出口がつまって、皮脂が排出されずに蓄積され膨らむ。
③丘疹・膿疱:毛包に常在するアクネ菌が繁殖して、白血球を引き寄せて炎症が始まる。赤く腫れたり、膿を持つようになる。
④瘢痕:ニキビは治っても毛包がつぶれて陥没した瘢痕になる。

悪化の原因

①夜中の午前0時~2時に活動しているとアクネ菌は増える。
②髪の毛がニキビを刺激したり、鏡をみて手でニキビを触ったりすると悪化します。また、油取り紙を使うとますます皮脂が増えて悪化します。
③甘いもの(チョコレート)や脂っこいスナックを良く食べると悪化するというデーターはありませんが、沢山食べることはあまりお勧めしません。

お肌のお手入れ

朝のお手入れ洗顔
泡立てた石けんでやさしく洗う。毛穴の中を洗うのが目的です。強くこすると手で毛穴をふさいでしまうので、毛穴が洗えません。
ヒヨコを触るようになでて、泡の弾力を使い毛穴の中を洗って下さい。洗顔も1分以内で御願いします。

夜のお手入れ
帰宅したら、まずやさしくお化粧を落とし、洗顔、化粧水、美容液、乳液の順。洗顔時は、シャワーを直接顔に当てないようにして下さい。

治療

内服薬
ビタミン剤(ビタミンB2、B6、C、H)・抗生剤・漢方

外用薬
抗生剤含有外用剤・アダパレン含有ゲル(ピーリング作用)・過酸化ベンゾイル含有ゲル(抗菌作用やピーリング作用) 以上を組み合わせて行います。

じんま疹 Urticaria

人がイラクサ(蕁麻(じんま))の葉に触れると同様のヒフ症状が起こることに由来しています。
カに刺された様なヒフの膨らみ、赤み、かゆみが数時間以内に消えたり移動したりします。
原因は、大きくアレルギー性と、非アレルギー性に分けることができます。

1)アレルギー性は「I型(即時型)アレルギー」と呼ばれ、様々な外来物質(エビやそばなどのアレルゲン)が原因です。   
2)非アレルギー性はある種の抗生物質や痛み止めなどの薬、ストレス、感染症、寒冷刺激などが原因です。

なお、急性のじんま疹は原因を突き止められることも多いのですが、1ヶ月以上、毎日のように出没するじんま疹では、多くの場合は原因を明らかにすることは難しいです。
蕁麻疹の治療の第1は、できるだけ原因・悪化因子を探し、取り除くことです。第2は薬による治療です。
抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬が用いられますが、これらの薬は蕁麻疹の種類によらず効果が期待できます。
副作用として、眠気や集中力の低下などがありますので車の運転などは注意しましょう。

パッチテストについて

皮膚に接触する化学物質、日用品、化粧品などでかぶれていないか(接触皮膚炎)、金属アレルギーがあるかどうかを調べる検査です。
背部等に種々のアレルゲンを貼り、経時的に反応を観察し、皮膚炎と何らかのアレルゲンが関係しているかを確認します。
パッチテストで思いがけない特定の物質(アレルゲン)に対する反応が判明することもあります。
ご自身の生活で注意すべきものを明確にすることができますので、今後の皮膚炎予防にもつながります。

当クリニックでは
①かぶれやすい物質(ニッケル、毛染めで使われるジアミンなど)22種類、
②歯科金属をふくむ18種類の金属パッチテストを行っております。

検査に約1週間(4回通院)かかります。

ウオノメ(鶏眼)・タコ(胼胝)Clavus・Tylosis

両方とも骨突出部の角質層が増生したもので、角質がくさび型に内方に増生したものを「ウオノメ」、皮膚面に平行に角質が増生したものを「タコ」と呼びます。
原因は、足と靴との摩擦によるもので、局所への刺激を除去することが必要です。
足裏に市販のクッションやパッドをあてると症状が軽減します。
治療は角質を削り、原因を除去するしかありません。

尋常性乾癬 Psoriasis vulgaris

うろこのような皮疹が肘、膝などのすれるところに生じます。
遺伝や食生活が一因とされていますが、はっきりとはわかりません。多くの治療法があります。
塗り薬(ステロイド、活性型ビタミンD3、保湿剤など)、飲み薬(免疫抑制剤、レチノイド)、光線療法(NB-UVB・エキシマ)が一般的ですが、分子標的薬(当院では行っていません)という注射の治療も開始されています。